まつ毛育毛剤ルミガンについて

有効成分ビマトプロストを含むルミガンは、もともと緑内障の治療目的のためで使われていたお薬ですが、まつ毛が濃く長くなるという副効果が判明し、現在はまつ毛の美容目的にも使われるようになりました。

しかし、一般的に眼科などの病院では美容目的として処方箋を出してもらえません。処方してくれるとすれば、美容クリニックなどになります。緑内障の治療目的であれば健康保険が効きますが、美容目的では当然健康保険が効きません。各美容クリニックにより販売価格はまちまちで、おおよそ1万円~1万5千円程度かかるようです。

ちょっと高いですよね。。。
そのような場合、海外医薬品の通販が便利ですよ。

副作用について気になる方もいるかと思います。緑内障治療でも安全に使用されており厚生労働省に認可された点眼医薬品ですが、まつ毛への美容目的に使用する場合、少量をまつ毛の根元に塗布するだけなので、直接点眼するよりも副作用の発生リスクは少なくなると思います。ただしビマトプロストは緑内障に対する効果として眼圧を下げる働きがあるので、美容目的の場合目に入らないよう注意してください。

※緑内障でない場合に、仮に少量が目に入っても元々が点眼目的のものであるためそれほど神経質になる必要はないかと思います。

また、まぶたに薬液がつくと色素沈着を起こしたり、かゆみが出たりすることがありますので、必要以上にまつ毛に塗布しないようにして下さい。

※色素沈着などが出た場合、使用を中止することで症状は治まります。

 

使い方は簡単で、

メイクを落とし、しっかり洗顔をして、(コンタクトレンズしている方は外してください)薬液をアイブラシなどに1滴垂らし上まぶたのまつ毛の根元に1日1回(夜寝る前が良いかと思います)塗布します。それを左右のまつ毛それぞれに行います。

下まつ毛は薬液を塗布する際に眼の中に液が入りやすいので使用しないでください。 薬液が眼に入ったとしても特に洗い流す必要はありませんが、まぶたについた余分な薬液は拭き取ってください。

効果が実感できるまでには少々時間がかかりますが、薬液を大量塗ったり、1日に何度も塗っても効果に変わりありません。また、塗り忘れた場合でも次の日に塗れば大丈夫です。

 

効果が出て、まつ毛のボリュームがアップしたとしても使用を止めてしまうと、また元に戻ってしまいますので、効果を維持したい場合には、継続して使用してください。

 

 

 

 

カテゴリー: まつ毛育毛 パーマリンク